UCOTで働く人
米本 謙介

ph_yonemoto_01.jpg


知識ゼロからのスタート
基幹業務システム部所属 米本 謙介

もともとは営業職を目指し就職活動をしていましたが、IT関連の仕事も試しにのぞいてみようと、富士通グループの合同セミナーに参加。そこでユ-コットを知ったのがきっかけです。
社内のイベントに参加させてもらい、社員さんと直接話をするうちに、会社の雰囲気の良さ、働きやすそうだなという思いが決め手となりました。

現在の業務は、生産管理業務システムに関連するプログラムがうまく作動するかテストをする役割についています。
入社したての頃は、商学部という文系出身で、学生時代のパソコンの能力はエクセル、ワード、パワーポイントを触る程度。

入社後の研修で初めてプログラミング言語を扱うという、ほとんど知識ゼロからのスタートでした。研修でも周りの社員とのレベルの差を痛感しましたし、実際に仕事に就いてからも、自分が何をやっているのかよくわからず、くじけそうになったことも少なくありません。

そんなときは、自分で抱え込んでやみくもに動くのではなく、先輩にすぐに相談することで、乗り切っています。自分で苦しんで遠回りするよりも、経験のある先輩のアドバイスに頼ることで、救われることもありますし、仕事の仕方として吸収するものも大きい。同時期に入社した仲間の存在も励みになっていますね。


当たり前のようにシステムが動く その「当たり前」を見るのがうれしい
基幹業務システム部所属 米本 謙介

今は、仕事の流れを少しずつ掴める様になり、以前よりも余裕を持って仕事にチャレンジできるようになっています。

システムのテストをし、うまく処理できないプログラムを発見して、それを修正する。
根気のいる作業ですが、それがうまく修正できた時や、何とか解決しようと動き回った結果、お客様の要求通りシステムを動かせた時は仕事の面白さを感じます。
当たり前かもしれませんが、当たり前のようにシステムが動いていく、その様子をみるのがとてもうれしいんです。

これからは、先輩と同じくらいの業務がこなせるように、先輩の技術をいろいろ盗んで、成長していきたいと思っています。

夢は、自分ひとりでシステムを作ることですね。私にとって、未知の世界であったこの仕事ですが、何事も投げ出さずに目標に向かっていく姿勢さえ持ち続ければ、夢も実現できるのではないかと思っています。