小林 昂生KOBAYASHI KOUKI

2018年度 入社
システムソリューション部
基幹系システムグループ

仕事内容を教えてください。
コーヒーマシンのメンテナンスをする会社さんが使用しているシステムの保守・メンテナンスを担当しています。その他、業務用食品卸会社さんの営業支援を担当しています。例えば、営業を担当している社員さんの業務時間を可視化して、経営層の方々がそれを把握できるような仕組みを提供しています。
入社の動機、決め手を教えてください。
実はもともとPCの操作に対して苦手意識があり、最初からSEになりたいとは考えていませんでした。とはいえ営業業務だけというスタイルも自分には合っていないだろうという思いがあり、なかなか入社したい企業を見つけられずにいたんです。UCOTを知ったのは合同説明会の時で、「UCCと富士通」というユニークなバックボーンにまず興味を持ちました。その後面接で社員の皆さんと話をしていく中で、「自分の表面だけでなく内面までしっかり見てくれる温かい会社だ」という印象を抱きました。さらに業務内容もエンジニアリングだけではなくお客さんとの直接のやり取りが多いと知り、入社したいと思うようになりました。
入社してから「成長した」と実感したことは?
以前よりも自分で判断をして動くことができるようになったと思います。入社当初は上司の方からの指示通りに業務を行うだけでしたが、お客様と直接やりとりをしていくうちに、「もっとこうした方が良いのではないか」というアイデアが浮かぶようになってきました。例えばお客様が使うスマートフォンアプリ内のマップ機能では、「ここは色を分けたほうが見やすいのではないか」「ここでアラートを出した方が分かりやすいのではないか」といったように、自分の発想ベースで話すことができるようになったと思います。
仕事を通して経験した嬉しかったこと、やりがいを感じたことは何ですか?
入社して2年目だからこそ感じることかもしれないですが、だんだんと上司の方から任せていただける仕事が増えてきたことが嬉しいです。また、自分が作ったシステムの操作マニュアルをお客様が理解してくださり、操作して日々の営業活動をしている様子が目に見えた時はやりがいを感じます。
仕事の大変さ、難しさは何ですか
お客様のご要望を理解する作業が難しいです。まずお客様の業務の内容を知る必要があるのですが、業界特有の専門用語の知識が足りず苦戦することも多いです。ここが上手くいかないと、自分が設定したシステムの機能が何のためのものなのか分からなくなったりすることもあります。また、実装作業を富士通さんに依頼することもあるので、要件を伝える作業もまた難しいなと感じます。
仕事で大切にしている事は何ですか?
お客様に新しいシステムをご提案する時は、そのシステムを導入することでどのようなメリットがあるのかをしっかり説明できるようにしたいと思っています。既存のシステムに満足していらっしゃるお客様にとっては、新しいものを取り入れるということ自体負荷になってしまう場合もあるので。
社風について教えてください。
入社してから人間関係に悩んだことがないです。だからこそUCOTの社員でい続けることができているように思います。入社前と後のギャップもないです。
今後の目標を教えてください。
今担当しているプロジェクトのシステムがリリースされた後は自分がメンテナンスをしていくので、その時のために、まずはプロジェクトをしっかり理解して目の前の業務を着実にこなしていくことが直近の目標です。これからの目標としては、上司の方に頼らずにプロジェクトを進めていけるよう、自立していきたいです。
就活生へのメッセージをお願いします。
自分がどういった仕事のあり方を望んでいるのかが大事だと思います。営業なのか、何かを作ることが好きなのか。もし、人と話すこともエンジニアのようなもの作りも両方好きだと思える方は、UCOTは合っていると思います。ぜひご応募お待ちしてます。

RECRUIT INFO