松田 拓也MATSUDA TAKUYA

2007年度 入社
システムソリューション部
情報系システムグループ

仕事内容を教えてください。
UCCグループでご利用頂いている人事・給与・勤怠・人事諸届・社宅・マイナンバー・e-Gov・web明細システムの運用・保守業務を行っています。
システムサポートだけでなく、グループ各社人事部およびグループシェアードサービス会社への提案活動や、業務運用のサポートも行っています。
入社の動機、決め手を教えてください。
学生時代PCの扱いがあまり得意ではなかったので、もともとSE職は選択肢から外して就職活動をしていました。そんな中、大学のゼミの先生からの紹介でIT企業であるUCOTの会社説明会に参加したことをきっかけに、「苦手なことを仕事にした方が、後々何でもできるようになるのでは」と考えるようになり、入社を決めました。
毎日おいしいコーヒーが飲み放題という点も入社理由の一つです。(笑)
入社してから「成長した」と実感したことは?
業務を通して人事関連の法律については詳しくなりましたね。知識面以外で言うと、仕事柄最後までやり抜かなければどうにもならないという場面が多いので、根性がついたかなと思います。
仕事を通して経験した嬉しかったこと、やりがいを感じたことは何ですか?
UCCグループの人事制度変更を行う際、検討会にも参加させてもらいながら、様々な賃金シミュレーションを行い、それを元に提案をさせてもらえたことです。
一システム担当者が人事制度の策定に関われることはあまりないでしょうから。
やりがいは、今の仕事を長くやっているので、色々な人事担当の方に頼ってもらえることでしょうか。
頼ってもらえているのか、上手に使われているかは紙一重ですけど。
仕事の大変さ、難しさは何ですか
段取りと管理が一番難しいと感じます。後々手戻りが生じないように、最初の段階でどれだけ作業内容、スケジュール、役割分担をしっかり決められるのかが大事だなと感じます。プロジェクトによっては、お客様や協力会社さんのタスクや進捗を管理する必要がありますが、仕事が立て込んだ時には自分自身の管理すら難しいこともあります。この点は入社13年目になった今でも反省することが多いです。
仕事で大切にしている事は何ですか?
なるべく様々なことを疑うようにしています。業務の中で、「きっとこうだろう」という憶測で話が進んでしまうことがよくあります。ですがここで確認を怠ると後になってトラブルが発生する原因になるので、見逃さないように心がけています。自分が担当した作業ですら全てを覚えていることはできないので、後で確認ができるよう普段からエビデンスを残しておくことも意識しています。
社風について教えてください。
縦社会という感じがなくフラットな会社だと思っています。人数も少ないので社長や上司とも話しやすいです。また、業務の調整がつけば休みも好きなタイミングで取れるので、堅苦しさはないですね。
今後の目標を教えてください。
現在、人事の領域も注目を集めており、AIを活用したタレントマネジメントや考課管理・後任者選定などの新しい技術を組み合わせたシステムやサービスもどんどん出てきています。そういった新しい技術・サービスからグループに合ったものを選定して、グループ人事向けに提案できるよう、積極的に情報収集をしていきたいです。AIを活用する場合は、様々な情報をしっかりとデータ化していく必要があるので、今すぐに導入するということは難しいですが、今からそういった動きを見据えたデータメンテナンスの提案等を併せて行っていきたいと考えています。
就活生へのメッセージをお願いします。
今の時代は、大きい会社に就職すれば安泰というわけではないと思いますし、一生同じ会社で勤め上げるという人もだんだん減ってきている印象を受けます。自分がやりたいことを仕事にすることも理想的だと思いますが、自分が苦手だと思っていることを仕事にしてみることで克服できて、「実はこっちの道も向いてたんだ」という風に新しい自分を知ることもあると思います。就活中は忙しいとは思いますが、ぜひ広い視野を持って、時間が許すかぎり色々な会社を見て、たくさんの人の話を聞いてみてほしいです。
ついでに、UCOTの企業説明会にも足を運んでもらえると幸いです。

RECRUIT INFO