本間 悠華HONMA HARUKA

2016年度 入社
システムソリューション部
基幹系システムグループ

仕事内容を教えてください。
上島珈琲店等の喫茶店で使われているシステムの開発・運用・保守を担当しています。具体的にお話すると、お会計の時に使うPOSレジの商品設定を円滑にする機能の提供。また、お店の売り上げや予算について、店舗を運営する本部の方が管理・分析できるような仕組みを提供しています。
入社の動機、決め手を教えてください。
一言で表わすと、やはりアットホームな雰囲気に惹かれました。入社前の説明会の時から、入社4年目の今でもその印象は変わっていないです。また、この雰囲気で少数精鋭である上に、UCC・富士通というバックボーンがある点も魅力でした。IT企業に興味を持ったのは母がSEだったことがきっかけです。私自身は文系卒なので不安もありましたが、富士通の新入社員研修で3か月基礎から学べ、安心して進めました。
入社してから「成長した」と実感したことは?
お客様や協力会社の方のお話が分かるようになったことだと思います。入社当初は専門用語などの知識が足りずお客様のご要望をくみ取ることに苦労していましたが、だんだんと慣れ理解が速くなりました。今でも新たに覚えなければいけないことは日々増えていきますが、分からない時に誰に聞けばいいのか、どう理解に繋げていくべきなのかが分かるようになったことが成長した点として大きいと思っています。
仕事を通して経験した嬉しかったこと、やりがいを感じたことは何ですか?
お客様との距離が近いので、直接感謝の言葉をいただけるとやはり嬉しいです。自分が担当したシステムについて、「困っていたことが解消できて助かった」「作業時間が短縮されたよ、ありがとう」といった声をお客様から聞けた時は、そのシステムに誇りを持てますし、次も良いものを提供したいという気持ちになります。
仕事の大変さ、難しさは何ですか
様々な立場の方の要望を叶えられるよう、調整をすることが難しいです。店舗の方と、店舗を管理する本部の方、協力会社の方、ベンダーの方、そして私たち。それぞれの立場によって少しずつメリットや要望が異なるので、できるだけ皆が幸せになれる形を考えることが私の役割だと思っています。例えば、POSレジで活用する機能を増やすとお客様にとっては便利になるけれど、管理する側は大変になったり…。難しい部分です。
仕事で大切にしている事は何ですか?
これは課題でもあるのですが、コミュニケーションをとることが一番大事だということはずっと感じています。一人でできることは限られているので、まわりの人と互いの考えを伝え合って、協力し合ってこそ仕事は回っていくものだと思います。これからも意識していきたい点です。
社風について教えてください。
よく言われる言葉ですが、アットホームです。穏やかな人が多く、質問したり話しやすいです。それでいて、重要な場面ではピリッとした空気で業務を取り組むような、メリハリがきいた方が多いように感じます。
今後の目標を教えてください。
お客様に寄り添って、システムによって困っていることを解消したり、便利を増やしたいです。お客様からご要望を言っていただく前に、普段からお聞きする声をもとに自分から提案していくことが理想です。
就活生へのメッセージをお願いします。
就職活動は内定をとることがゴールになりがちですが、大切なのは入社してから過ごす時間です。無理に良く見せようとせず、ありのままの自分の良さを活かせる居場所に巡り合えることを願っています。

RECRUIT INFO